できる限り痛みや負担をなくした治療を行います

痛みや負担をなくした治療

麻酔をするときのチクッとする感覚や歯を削る時の振動や音、歯の神経を取る時や歯を抜く時の痛みなどには、恐怖を感じられる方が多いことでしょう。歯科治療は外科的処置を伴いますので、残念ながらまったく無痛で行うことはできません。

しかし、医療技術の発達と歯科医師の努力で、ほとんど気にならないぐらいまで痛みを少なくすることができるようになりました。当院では、「痛いのは苦手」と言われる方にも安心して治療を受けていただくために、さまざまな医療器機や工夫を用いて痛みを少なくする治療にこだわり、できる限りの努力を行っています。

電動麻酔機などの器機と熟練のテクニックで痛みを軽減

電動麻酔機まず、表面麻酔により注射針を刺入する部位の粘膜をしびれさせ、また33ゲージの非常に細い針を使用することにより、刺した時のチクッとする痛みを軽減しています。

また麻酔時の痛みを減らすために最新の電動麻酔注射器を使用しています。コンピュータ制御でゆっくりと一定の量の麻酔液を注入するため、痛みを感じにくくなります。豊富な診療経験から刺入時の痛みを減らすコツなども駆使して対応しています。

なるべく抜かない、削らない、負担の少ない治療で痛みも少なく

負担の少ない治療むし歯の部分だけを精密に除去し、できるだけ削らない治療や歯を抜かないための精度の高い根管治療など、患者さんの体への負担を軽減することにも努力しています。

さらにリラックスしていただけるような診療環境づくり、安心して治療を受けていただけるコミュニケーションにも努め、できるだけ痛みを感じさせない治療を実現しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております