精度の高い診断・治療のために、歯科用CTを整備しています

歯科用CT充実した歯科診療の第一歩は、精度の高い診断です。そのためにも欠かせないのが、三次元の立体的な画像情報が得られる歯科用CTです。当院では、インプラント、親知らず、根管治療など高度な技術を要する診断や治療に使用し、突き止めにくい症状や原因の究明にも役立てています。

特にインプラント治療の際には、歯槽骨や神経組織の状態を見極め、正確な診査・診断を行うことができ、治療の確実性や安全性を高めることができます。また当院の歯科用CTは、医科CTの1/60の放射線量で自然放射線の2日分に相当する程度ですから、安心して受けていただくことができます。

クリアな画質のデジタルレントゲンも導入
従来のレントゲンと比較してレントゲン線の被曝量が非常に少ないデジタルレントゲンを導入し、患者さんの負担を軽減しながら、従来のフィルムよりクリアな画質で治療に役立てています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております