歯医者が苦手(怖い)という方へ

むし歯治療

どなたでも歯医者さんは怖いものです。できれば、行きたくない場所です。「もう少し先まで延ばしてもまだ、我慢できる。」そう考えているうちに、さらに悪くなってしまいます。思い切って歯医者さんに行きましょう。もし当院に来院されたら、真っ先に「自分は痛いのは嫌だし、歯を削るのが、(抜くのが)怖いと言いましょう。気が楽になります。先生も意識してくれます。(当院は痛みを与えないようにしていますが・・)
十分なカウンセリングと痛みを軽減する工夫で、痛みと怖さを軽減。歯に負担をかけない精度の高い治療で、むし歯の再発を防ぎ、歯を守ることに力を入れています。しっかり直してそれを維持する事が大事です。

【当院の特徴】基本となるむし歯治療だからこそ、徹底した治療を心がけています

むし歯治療むし歯は風邪などと違い、放置しておいても治る病気ではありません。しかし、天然歯は、削ったり抜いたりすると、二度と元に戻ることがない貴重なものです。当院では、患者さんの歯を少しでも多く残せるよう"できるだけ削らない""神経をとらない""抜かない"治療を心がけています。

しかし、むし歯菌に侵された部分をきれいに取り除かないと、むし歯が再発することもあります。そこで、健康な部分を傷つけず、むし歯の部分だけを取り除くよう、細心の注意を払い、時間をかけたていねいな治療を行っています。

痛みを少なくするために工夫を凝らしています
むし歯が気になっても、歯科医院や歯科治療が苦手だからなかなか受診できないという方がいらっしゃいます。当院では、できるだけ歯に負担をかけないようにするのと共に、麻酔の針が刺さる時のチクッとした痛み、麻酔液の注入時の痛みなどを軽減した"痛みの少ない治療"を実践し、歯科治療が苦手な方にも安心して治療を受けていただけるようにしています。

痛みや負担の少ない治療へ

マイクロスコープを用いた根管治療も行います

マイクロスコープ最近の歯科医療では、マイクロスコープ(顕微鏡)を使用して、歯や歯の内部にある神経、周囲の歯肉の治療などをミクロレベルで行うことができるようになりました。特にマイクロスコープが威力を発揮するのは、根管治療です。

肉眼に頼った根管治療では、時間をかけて治療を行ってもなかなか症状が良くならない場合が少なくありませんでした。しかし、顕微鏡下でミクロレベルの治療を行うことにより、むし歯の部分や感染部分を確実に除去することや、複雑な根管の中で肉眼では発見できなかった原因が判明し、治癒へと導くことが可能になってきたのです。

むし歯の進行度と治療

小さなむし歯の場合(エナメル質う触)C1
むし歯菌によって表面のエナメル質が溶かされ、小さな穴があいた状態の場合、むし歯は削り取った後、樹脂などで穴を防ぎます。病巣を取り除かずに薬物で殺菌することもあります。

中程度のむし歯の場合(象牙質う触)C2
むし歯菌がエナメル質の下にある象牙質まで溶かしてしまった状態です。まだ神経に達していないので、強い痛みはありません。冷たい物や甘いものが浸みたり、触ると痛みを感じることがあります。むし歯の部分を慎重に除去し、型を取り、むし歯を削った部分にぴったりと治まる詰め物を作ります。

大きなむし歯や深いむし歯の場合(神経まで達したう触)C3
むし歯菌がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達した状態です。むし歯に感染した部分を取り除き、型を取り、被せ物を作成します。むし歯が深い場合は、麻酔をして壊死した神経や膿を取り除く根管治療や、神経を取る治療を行います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております